Activity

Categories

Archives

“ YAP ” by I’m home

POSTED ON 2016年5月25日

Yamate Apartment (YAP)が、I’m home no.82で紹介されています。

I'mhome no.82

YAP _ 撮影からの ” lunch jam “

POSTED ON 2015年6月11日

今日は、mt.の山ちゃんにお願いをして、”yamate apt.”の撮影。
蒸し暑い中、午前中で撮影を終え、2人で事務所に戻る。

IMG_2317

少し時間を押したが、午後から子育て休暇中の岡ちゃんと近所に住むグラフィックデザイナーのまりちゃん、そんで写真家の山ちゃんもみんな一緒(jam)に、持ち寄りの事務所ランチ。
ガーデンランチをしたかったが、蚊がね。。。

岡ちゃんの第二子も初お目見えで、恐る恐る抱っこさせてもらう。
かわいな。。。

やっぱ大勢いると楽しいな。。。

IMG_2362

YAP _ LiVES取材

POSTED ON 2015年3月23日

今日は、Yamate apartmentで、雑誌「Lives」の取材。
ジウジは、さぞ楽しかったのだろう、終止テンションが高く、取材が終わった瞬間にぐったり。
その日は、僕のベッドからまったく立ち上がろうとしなかった。。。

楽しい取材でした。

IMG_0114

IMG_1453

” YAMATE APT.” by japan-architects

POSTED ON 2015年2月15日

YAMATE APT.が、japan-architectsのブログで紹介されています。

555

Y.APT_ぬりぬり

POSTED ON 2014年9月5日

床の塗装。
いつもお世話になっているオスモさんの好意で、床塗装を手伝って頂く。
今回は、外部用潰し塗料を掛け、その上からペーパー掛けをした上で、再度クリアを乗せるといった試み。
工場塗装でやるような工程の多さなので、本当に現場塗装でうまくいくのか、「やってみないと分からない」といった怖い感じ。
彼らですら初めての経験。
でも、そういうチャレンジ感は嫌いじゃない。
そういう時は、やる人間の心意気だけが重要になる。

やってうまくいかなければ、どうすればいいのか、その場で判断して、再チャレンジする。

昨日、潰し塗りをした上で、早朝にオスモの担当者から電話が入る。
「もう1回塗りたい」と。
「予想した以上に木が塗料を吸い上げて、塗りがあまい気がする。」ということだが、僕も直ぐに現場に駆け、「もう1回やろ」と。

こちらからの指摘ではなく、施工する側自らがやり直したいという言葉に、この人への信頼が強くなる。

作業分担制で進む昨今の現場では、自分へのこだわりが薄くなってきている。
というか薄くならざる終えない。
自分のやるべき事を終えたら、すぐに違う現場に行かなければいけないシステムの中で、施主と顔を会わせる事も少なく、施主に対しての責任も湧かなければ、自分の仕事への誇りも愛着も湧きにくい。

そんな中で、強い責任感を維持するには、その人の持つ「マインド」しかない。
見えなくても、理解されなくても、気付いてもらえなくても、自分のやるべき事をやり切ろうとする人が好きだ。
結果、その施工が失敗であったとしても、僕自身がその人に惚れる事ができれば、その失敗は失敗には思えなくなり、施主に胸を張って説明ができるし、きっと施主も理解してくれる。
そういう現場は、最終的には成功に終わる。
そしてその努力は、ちゃんとにじみ出るんだな、ホントに。。。

全体の中のたかが床の塗装だけど、連日夜の12:00近くまでやり続け、気持ちいいマインドを見せてくれたオスモのメンバーの方々に感謝したい。
すごくうまくいったしね。
ありがとうございました。

NR